交通事故解決までの流れ

交通事故は、多くの手続きが絡む困難な問題であるため、大まかな流れを知っておくことは実際に交通事故に直面した場合迅速な対応を取ることができます。

まず、交通事故直後の対応としては、真っ先に警察への通報と、保険会社への連絡を欠かさないようにしましょう。特に、警察に連絡して実況見分をしてもらうことは、その後に事故証明書を受け取るために重要な手続きであるため、素早く行うことが必要です。

また、余裕があれば自分自身で事故現場の状況を撮影して保存したり、周囲の目撃者の連絡先をもらい、後々証人として証言してもらうことの協力を頂きましょう。

交通事故からある程度経過すると、相手方の保険会社から連絡が入り、示談についての話し合いが始まります。

この場合、被害者としては安易に示談に応じようとはせず、発生した損害について丁寧に整理した上で交渉するのが必要です。例えば、発生した損害のうち治療費、入院費、休業損害の計算については納得のいくまで交渉しましょう。また、後遺症が残りそうな場合は、症状固定前に示談に応じず、症状固定後、後遺障害等級認定を受けてから応じるようにしましょう。

弁護士を利用して慰謝料を請求する場合は、弁護士費用が発生する上、もし裁判にまでなった場合は、時間と労力も相当程度必要となるため、被害者の負担は増します。もっとも、その分、弁護士基準での慰謝料算定は高額になるため、結果的には弁護士に依頼した方が高額の慰謝料を勝ち取れる可能性があります。

また、裁判とならない場合であっても、示談交渉を交通事故紛争の経験がある弁護士に依頼することによって、スムーズな交渉を進められることも多いため、弁護士を利用することは広くメリットのあることだと捉えておいて問題がないといえます。

交通事故被害者としては、迅速に高額な慰謝料を勝ち取ることが目的となるところ、その目的を実現するには、交通事故の解決までの流れを俯瞰的に捉えることが必要です。そして、もし交通事故が発生した場合の対応についてある程度イメージを持っておくことで、その目的が最大限達成されることとなります。